医師の役割と専門分野

今まで医師と接触した事は無いという人はいるでしょうか。この質問は愚問かも知れません。それくらい、全員が医師と関わっているという事です。医師は命を扱っているため非常に重い責任が課せられています。専門的な立場から診断をして治療を行いますが、それだけではありません。医師の一言で投薬やリハビリ等も行いますから全ての指示を担っている医療のスペシャリストです。どの場所にいても影響力は甚大でしょう。

短い診断の中で的確な判断をするのは容易ではありません。もちろん、医師1人だと限界がありますから、周囲の支えもあって情報を共有しています。高いコミュニケーション能力も問われます。

医師は、臨床医と研究医の2つに分かれていますが、私達がお世話になっているのは、臨床医です。研究医は、薬の研究や亡くなった要因を探るために解剖をして原因究明に勤めています。臨床医に比べると目立ちませんが、どちらも欠かす事は絶対に不可能です。また、医師には、専門分野があり、それぞれの志した分野で勤務する事になりますが、その分野も様々です。外科医・内科医・小児科医・産婦人科医・整形外科医・眼科医・耳鼻科医・歯科医・麻酔科医・放射線科医、等があります。

医師になるために、相当の努力を要し、医師になってからでも医療は常に進歩しているので勉強の日々です。このように医師になることは非常に大変であることから、現在は深刻な医師不足の時代となっています。

実際の現場において、この医師達はどのような役割を果たしているのでしょうか。当サイトでは外科医と小児科について取り上げ、ご紹介します。